慰謝料を得る方法

自分が交通事故で被害者になってしまったら損害賠償を請求することができますが、その中で最も重要なのが慰謝料です。怪我をしてしまったら肉体的にも精神的にも苦痛を味わってしまうので、その補償をしてくれるのが慰謝料です。人身事故に巻き込まれてしまった被害者は、交通事故を起こした加害者に対して謝ってほしいという気持ちもありますが、それ以上に慰謝料で誠意を見せてほしいというのが本音ではないでしょうか?

せっかく損害賠償を請求するのであればこの慰謝料をたくさん受け取るために、どのように対策をすれば良いかを真剣に考えなければいけません。損害賠償を請求するときに遠慮は禁物です。交通事故の被害者は、事故を起こした加害者に対して慰謝料の額を高額にして受け取るにはどうすれば良いか考える義務があります。

慰謝料は事故や怪我の大きさなどから判断をして数値化して慰謝料の金額を決定します。数値化を決定するためにある程度の基準がありますが、その基準は自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準の3つの基準があります。それぞれの基準でもらえる慰謝料の金額も異なってきますので、交通事故の慰謝料をより多く受け取るためには専門知識の豊富な弁護士に相談することが重要です。

 

請求の際の注意点

慰謝料などの損害賠償を請求するときに注意しなければいけないポイントがあります。それは人身事故でなければ慰謝料を請求することができないということです。人身事故ではなくて物損事故になってしまうと、損害賠償金のうち慰謝料の請求ができないことになってしまうので注意しなければいけません。自分が所有する車や物が壊れてしまっただけでは慰謝料は請求することができないので注意しましょう。

慰謝料は数値の基準によって支払われる金額が異なってきます。3つの基準があり自賠責保険による最低限の慰謝料基準としている「自賠責基準」、任意保険による慰謝料基準の「任意保険基準」、裁判所の判例を基にした最高額の基準の「弁護士基準」の3つの基準になります。これらの基準によって慰謝料の請求金額が異なってきます。

せっかく弁護士に依頼をして慰謝料を請求するのであれば弁護士基準で慰謝料を請求してもらうようにしましょう。基本的に高額と言われている弁護士基準は、一番少ない自賠責基準に比べるとかなり高額な慰謝料を請求することができます。ここの違いを知っているだけでも得をするか損をするかが変わってきます。だからこそ自分が損をしないためにもどのような基準があるのかを事前に知っておくようにしてください。

人身事故は慰謝料が請求できる 

もし自分が交通事故に巻き込まれてしまった場合にその事故が人身事故になってしまったら、被害者は加害者に対して損害賠償を請求することができます。自分が交通事故に巻き込まれてしまい被害者になってしまったら怪我を治療するにも病院に行くにも生活をするのも大変です。何よりもお金がかかってしまうので、多大な損害が発生してしまいます。交通事故の規模の大きさや怪我の具合によって請求しなければいけない金額も大きく変わってきます。

人身事故などの交通事故で被害者になってしまった場合、加害者に対して損害賠償を請求することができますが、損害賠償は大きく分けて4つに分類することができます。入院費用、通院費用、怪我の治療費などの「積極損害」、仕事を休んだ分の損害を負担してくれる「消極損害」、精神的・肉体的苦痛に対する損害の「慰謝料」、車や物など壊されたものに対する損害の「物損」の4つの損害内容に分類することができます。

被害者にとってこれらの損害内容は全てにおいてとても重要になってきます。自分は被害者なのにも関わらずお金の損害が出てしまったらただ損をしてしまうだけです。そうならないためにも人身事故に巻き込まれてしまったらすぐに弁護士に相談をして損害賠償請求の手続きをするようにしてください。そうすることで積極損害、消極損害、慰謝料、物損の4つの損害内容をしっかり相手に請求することができます。当サイトでは人身事故の慰謝料請求に関して解説しています。もし自分が人身事故に遭遇してしまったらどのように慰謝料を請求するかを解説しています。